脱毛・シミなら逗子・葉山の山本メディカルセンター|皮膚科 形成外科 美容皮膚科 美容外科

医療法人社団 山本メディカルセンター 皮膚科・形成外科

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00 ×

▲水曜午後、木曜午後の診療は14:00〜17:00

休診:土曜午後、日曜、祝日

電話番号:046-872-0009

切らない・バレない
BNLS(小顔)注射

小顔(BNLS)注射は主に小顔や顔痩せに使用する脂肪溶解注射です。
脂肪分解だけでなく、肌の引き締め・リンパ循環の作用もあるため、溶かした脂肪を効率的に体外へ排出することができます。 血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体にたまっている老廃物の排出を促します。

BNLS(小顔)注射がおすすめです
周りに気づかれずに自然に小顔になりたい
ダイエットをしてもなかなか顔がやせない
リンパマッサージをしても顔のむくみは取れないので医療の力でなんとかしたい
切ったり、縫ったり、吸ったりしないで小顔になりたい
長期の休みがとれないのでダウンタイムがあると困る

BNLS(小顔)注射を受けられない方

  • 炎症、感染などのお肌
  • NSAIDs、凝集抑制剤、抗凝固剤、免疫抑制剤などを内服中の方
  • 自己免疫疾患の方
  • 妊娠、授乳中の方、未成年の方
  • ケロイド体質の方
  • 甲状腺疾患がある方
  • くるみアレルギーの方

小顔注射の特徴

即効性がある

他の脂肪分解溶液の場合、脂肪量の変化が確認できるまでに最低でも2〜3週間が必要になります。小顔(BNLS)注射の場合、治療後わずか3日で脂肪量の変化を確認することができます。

痛みが少ない

当院では27〜30Gの細い針を使って注射液を注入しますので、痛みを最小限に抑えることができます。
また、日常生活やお仕事に影響もありません。

むくみ・腫れが出にくい

他の脂肪分解溶液では、注入部位にむくみや腫れが数日間持続したり、熱っぽくなることがありますが、小顔(BNLS)注射の場合、むくみや腫れ・熱っぽさは伴いません。

短い施術間隔

他の脂肪分解溶液による治療間隔は、通常2〜3週間あける必要があります。
しかし小顔(BNLS)注射の場合、1週間の間隔で治療を行うことができます。

高周波RF(アポロ)と併用することで、さらに効果アップ

高周波RF(アポロ)は、設定した深度にある皮膚組織の温度を上昇させる作用によって、血液・リンパ液の流れを促進させる効果があります。その効果によってBNLS注射によって分解された脂肪の排出を促すため相乗効果が期待できます。

BNLS注射後、3〜5日経ってから高周波RF(アポロ)治療が可能です。

注意点

  • 当日は入浴(軽いシャワーは可)、サウナ、激しい運動、飲酒はひかえてください
  • 洗顔、メイクは施術後2〜3時間たてば可能です。ただし注入部位を強くおしたりこすったりしないでください
  • 血液サラサラのお薬を飲まれている方は内出血などの副作用が出る可能性が高まります。必ず医師にお伝えください

コース・費用

同部位、1週間ごとに1回の3回コースです。
治療後3日間の有酸素運動(エアロビクスなど)を推奨します。少なくとも1時間は行ってください。
またRF治療(当院ではアポロ)を行う場合は施術後3〜5日後を推奨します。

BNLS(小顔)料金(診察料込)
同部位10ccまで(顔)(通常50,000円/1回あたり)

A・スタンダードコース 3回セット120,000円
2クール目、同部位90,000円
1ヶ月以内のメンテ5,000円/1ccあたり
B・アポロ組み合わせコース(アポロ3回) BNLS 3回とアポロ3回
3回セット140,000円
C・麻酔ありコース 3回セットコース135,000円
(通常55,000円/1回あたり)