脱毛・シミなら逗子・葉山の山本メディカルセンター|皮膚科 形成外科 美容皮膚科 美容外科

医療法人社団 山本メディカルセンター 皮膚科・形成外科

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00 ×

▲水曜午後、木曜午後の診療は14:00〜17:00

休診:土曜午後、日曜、祝日

電話番号:046-872-0009

グルタチオン点滴療法

こんな症状の方におすすめです
パーキンソン病
肌荒れ、ニキビ、しみ、くすみ
慢性疲労
肝機能低下

グルタチオン点滴とは?

グルタチオンは、3つのアミノ酸から成る成分(トリペプチド)で、抗酸化物質のひとつです。酸化の原因となる活性酸素から細胞を保護する解毒作用をもっています。 グルタチオンは胃や腸から吸収されない物質なので、食品から摂取することは難しく点滴療法が一般的です。また、同時にビタミン・ミネラルを投与することで、より効果を実感していただける内容となっています。

活性酸素や食品添加物などの有害なものから体を守ってくれるグルタチオンは、体内で作られていますが、年齢と共にその産生が減少します。グルタチオンが減少すると肌荒れや代謝の低下、疲労や肝機能低下、そして老化などを進行させる可能性があります。 グルタチオンの補給は、これらの予防や改善、そしてアンチエイジングのためにとても大切です。

グルタチオン点滴の流れ

完全予約制となりますので、事前にお電話でお申し込みください。
初回のみ医師の診察を受けて頂きます。
点滴可能と診断されると点滴療法が始まります。

点滴量

グルタチオン量600mgで開始します。
症状を見ながら200〜400mgずつ増やします。(最大2,000mg)

点滴時間・頻度

20〜30分
週2〜3回行い、1か月で効果を判断します。