脱毛・シミなら逗子・葉山の山本メディカルセンター|皮膚科 形成外科 美容皮膚科 美容外科

医療法人社団 山本メディカルセンター 皮膚科・形成外科

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00 ×

▲水曜午後、木曜午後の診療は14:00〜17:00

休診:土曜午後、日曜、祝日

電話番号:046-872-0009

肌トラブルの解決からホルモンバランスの調整まで
プラセンタ注射

肌トラブルからホルモンバランスまで、マルチな効果を持つプラセンタ注射で身体の内外の美しさを!!

「若々しい素肌を永遠にキープしたい」。そんな女性の願いを叶えるのが、プラセンタの力。生命力にあふれた胎盤から生成された多くの美肌効果を持つ成分で、このプラセンタエキスを皮下に注射することで、肌自体の潜在能力を最大限に引き出していきます。美容というのは見た目だけの美しさだけではなく、身体の内側に関しても美しさを維持することで初めて理想が実現されます。内外共に美しくなることにより、納得できる最高の美しさを手に入れることができるでしょう。

プラセンタがおすすめな方
疲れ、不眠、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、しもやけ、シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥でお悩みの方
更年期障害、月経困難、生理不順などホルモンバランスでお悩みの方
美肌効果(皮膚代謝の促進とコラーゲン増殖促進)、美白効果(活性酸素消去・メラニン抑制)を求められている方
自律神経失調症の方
アレルギー症状(アトピー、喘息、リウマチなど)でお悩みの方
脳卒中後の神経麻痺でお悩みの方
肝機能を強化させたい方
育毛を望まれている方

プラセンタ注射とは?

赤ちゃんとお母さんとをつなぐ胎盤のことをプラセンタといいます。
プラセンタ注射は、ヒトの胎盤から抽出されるものです。
医療用プラセンタ注射薬とは、厚生労働省で医薬品として認可されているもので、医療機関でのみ受けられる注射です。現在は、保険治療では更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能障害の治療で使われています。

アンチエイジングの分野でも様々な作用を持っており、お肌の弾力や、みずみずしさを保持、さらに、お肌を若返らせ、細胞が生まれ変わるのを助ける「グロースファクター」などが含まれています。これによって、新陳代謝が活発になって、シミ・ソバカス・赤ら顔の原因となる“メラニン”の排除がどんどん行われ、美白につながります。

美肌から更年期障害まで、色々な症状にマルチに対応します。肝機能強化やホルモンバランスを正常にする働きも明確に示されています。

胎盤の中には、下記のような有効成分が含まれていることが分かっています。

  • タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素
  • 各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、インシュリン様成長因子、インターロイキンなど)

副作用

極まれに、赤い発疹・発熱など、アレルギー症状を起こす人もいるようです。通常、1〜2日ほどで自然とおさまります。これはプラセンタの副作用というよりは、一過性の拒絶反応であるといわれていますが、ひどい場合には中止します。

料金

診察料 1,500円
※初回のみ
(ただし、前回注射した日から3か月以上経過した場合は再度診察料が発生します)
施術料 1アンプル:1,500円 2アンプル:2,700円
※厚生労働省で承認されているものとして、メルスモンとラエンネックの2つがあげられます。このプラセンタ注射は、慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療のために、保険適応が認められていますが、当院は保険適応外のみ行っております(自費治療となります)。

その他注意事項

プラセンタ注射の注意点に、注射を受けた後、献血をすることができなくなるということがあります。
日本赤十字社が一般の人から献血をする際、「献血をお断りする人」というルールがあります。現在のところ、プラセンタ注射など胎盤エキスを注射したことがある場合も献血を受けることができないことになっています。

プラセンタ注射自体に特別害があるわけではないのですが、献血によって輸血製剤、血液製剤を作る際には厳重な過程があるため、このようなルールになっています(日本赤十字社は「あくまでも輸血の安全性を可能な限り高めることを考えてのことです。是非ともご理解下さい」と表記しています)。
そのため、献血をすることが好きなボランティア精神に溢れる方は、プラセンタ注射をすることはおすすめしません。