脱毛・シミなら逗子・葉山の山本メディカルセンター|皮膚科 形成外科 美容皮膚科 美容外科

医療法人社団 山本メディカルセンター 皮膚科・形成外科

診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00 ×

▲水曜午後、木曜午後の診療は14:00〜17:00

休診:土曜午後、日曜、祝日

電話番号:046-872-0009

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウィルスによって起こる病気で、神経に沿って身体の左右どちらかにピリピリと刺すような痛みや違和感と、それに続いて赤い斑点と水ぶくれが帯状に現れる病気です。

帯状疱疹の原因

水痘・帯状疱疹ウィルスに初めて感染した時は水ぼうそうを発症しますが、症状が落ち着いた後も、ウィルスは体内の神経節に潜んでいます(潜伏感染)。

加齢やストレス、疲労の蓄積、病気等で免疫力が低下すると、潜んでいたウィルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到着し、帯状疱疹として発症します。

症状

皮膚に症状が現れる数日前から、皮膚の違和感、ピリピリ感等の神経痛を伴う事があります。その後強い痛みを伴い、身体の片側の神経に沿って帯状に盛り上がった赤い斑点が現れ、同時に体調不良や経度の発熱、リンパ節の腫れがみられることがあります。その後、赤い斑点の上に水ぶくれが現れ、水ぶくれがただれた状態となり、7〜10日でかさぶたとなり、その後1週間くらいかけて脱落治癒します。

治療が遅れると痛みを伴う後遺症が残ることも

急性期の痛みは赤い斑点〜水ぶくれの時期にピークとなり、その後徐々に軽くなっていくことが多いですが、治療が遅れてしまうと神経痛を伴う後遺症(帯状疱疹後神経痛)が残ることもあります。帯状疱疹は見た目が水疱や発赤がでるため派手ですが、皮膚の状態は必ずよくなります。問題となるのは神経痛がどのくらい残るかなので、皮疹軽快後は痛みの治療になります。

治療

軽症の場合は抗ウィルス薬、痛みを抑える消炎鎮痛薬、神経炎にビタミン剤などを処方し経過をみます。 皮膚症状の重い方や痛みが強い方、顔面の耳や目に近い部位に水疱が出現している方、皮膚症状が一部分だけでなく水ぶくれが全身のあちこちにある方(汎発型)は点滴治療が必要となることもあります。その場合には当院入院設備がないため、ご紹介させていただいております。

また、痛みがひどい方は早期に神経ブロックが有効なこともあります。 帯状疱疹後神経痛が残ってしまった場合には、内服や抗うつ薬等の内服、神経ブロックなどを行います。※神経ブロックは麻酔科医による専門医治療になりますのでご紹介いたします。

血液オゾンクレンジング、オゾン注腸も痛みの緩和に効果があります

当クリニックで行っている血液オゾンクレンジングオゾン注腸(どちらも自費診療になります)は、帯状疱疹後神経痛などの慢性の痛みを緩和する効果があります。なかなか痛みが取れない場合にはご相談ください。